ブログ

images
2020年02月03日

カイロプラクティックとは?

日本ではカイロプラクティックは法制化しておりません。 その為、カイロプラクティックとは程遠いものをカイロプラクティックと名乗っている院も多々あります。 一説にはまともにカイロプラクティックを行っている院は100軒中5軒ぐらいだろうとも言われます。更にカイロプラクティック専用のレントゲン撮影・検査を必ず行っている院は300軒中1軒位だともいわれます。 今回は日本での現状ではなくカイロプラクティックって何だろう。という事で簡単にお伝えします。       「カイロプラクティック」ってよく聞く言葉ではありますが、実際何なのかよくわからない、という人は多いのではないでしょうか? カイロプラクティックっては聞いたことあるけど?? 「ポキッと音のでるヤツ?」 「整体の英語訳?」 「指圧やマッサージと同じようなもの?」 「30分で5000円くらいはとられるの?」 「腰痛や肩こりにいくらかは効く?」・・・等々 失礼ながら一般の方の理解の仕方は大なり小なりこんな感じなのではないでしょうか? 実際のところ、カイロプラクティックは学問的に体系化されたもので、世界的に見渡すと利用のされ方は日本と大きく違うんです!   たとえば、カイロ発祥の地アメリカでは、オリンピック選手やメジャーリーガーなどの一流アスリートだけでなく、 多くの方から日常の体調管理を委託されていて、   腰や肩などの急性的な障害緩和だけでなく、広く疾患予防にも活用されている専門的な職業(その意味でドクターと呼ばれています)なんです!     また、アメリカでの最近の調査報告によると、プライマリーヘルスケア(=掛かりつけ医)としては 内科医よりもむしろカイロプラクターを訪れる人の割合が多くなっています。   それだけ健康管理に欠かせない職業に育ってきているという証拠ですね。 この傾向はもちろん、カイロプラクティックが法制化され、 定着している他の国々でも同様です(カイロの業界では、ジャマイカの短距離王・ウサイン・ボルトも超のつく愛好家として知られています)。     カイロプラクティックはアメリカで生まれた施術で、現在では世界保健機関(WHO)にも認められ世界でもっとも広く普及している手技療法の1つです。 「カイロプラクティックって整体と同じじゃないの?」という人のために、カイロプラクティックの施術の特徴やその施術の素晴らしさを解説して行きます。   アメリカで誕生したカイロプラクティック カイロプラクティック(Chiropractic)とは、もともとギリシャ語で「手」(chiro)+「技」(practic)を意味し、カナダ出身のアメリカ人であるダニエル・デービッド・パーマーの考案で、1895年に生み出されました。   この時日本は明治時代ですが、大正に入った1916年に川口三郎という人によって日本に伝えられています。 1988年には世界カイロプラクティック連合(WFC)が設立、1997年には世界保健機関(WHO)のNGOに正式加盟、2005年には世界保健機関がカイロプラクティック・ガイドラインを完成させています。 このようにカイロプラクティックは120年以上の歴史の中で着実に正解に認められてきている、科学的根拠を持つ施術です。 カイロプラクティックの定義  WFC(世界カイロプラクティック連合) 1999年5月 NZオークランド第5回総会での採択決議より カイロプラクティックとは、筋骨格系の機能的・構造的な障害とそれが及ぼす神経系の機能異常、ひいては健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、脊椎マニピュレーション(アジャストメント)を主にした徒手治療を特徴とする。 簡単にいうと カイロプラクティックは、主に手を使って骨格(関節)と筋肉に直接働きかけ、神経系を介して、 生物としてのヒトが有する自然治癒力(=ホメオスターシス)を最大限に引き出し、健康を改善・維持し、病気予防を最終の目的とするヘルスケアです。   現代人は、環境および精神的因子に大きく影響された心身両面での継続的なストレスを強いられており、美しく正しい姿勢の維持がますます困難となっています。 脊柱の歪みは脊椎から出る神経を刺激し、各々の神経支配下の組織(筋肉や関節)の機能低下や痛みなどを引き起こします。   カイロプラクティックでは、このような生体力学的あるいは神経生理学的な関節の機能異常を「サブラクセーション」と名付けて主要な治療対象としています。 そして、アジャストメントによってその解消を図り、神経バランスを整えることで本来の健康を取り戻そうと考えています。   カイロプラクティックは、世界保健機関や日本の厚生労働省にも科学的根拠を認められた確かな治療方法です。…