ブログ

IMG_20210409_110406
2021年04月09日

コロナは概念 ★プランデミック 著 片岡ジョージ が届きました。

コロナは概念 ★プランデミック 著 片岡ジョージ が届きました。 この本の前に販売されていたコロナは概念(5冊購入)、有りましたが、新たにコロナは概念 ★プランデミック を購入しました。 面白可笑しく、コロナ騒動をゆ~もらすに本当の実態を描いています。 漫画ですので誰でも凄く理解しやすく読んで頂ければこのコロナ騒動の事実が判ります。 当院一番のお薦め本です。 Amazonで申し込みましたが到着する前日に1か月以上来ない状態になってしまいYahooショッピングにて購入しました。               判りやすく新型コロナの枠珍の事を説明されています。 教授からの電話 中村 篤史ナカムラクリニック     コロナ関係の話題でテレビでしばしば見る某教授から、当院に直接お電話いただいた。受付から「〇〇教授からお電話です」 と聞いても、意味が分からなかった。その教授は、僕にとって、完全に「テレビの中の人」だったから。 その人が僕に電話をくれたというのだから、意味が分からない。急に現実感がなくなるような、夢の中にいるような錯覚を感じた。 しかし電話の向こうの声は、確かに、テレビで聞き慣れたあの 教授の声だった。 「noteで見ています。僕らがなかなか言えないことを言ってくれてて、ありがとうございます」とんでもない。こんな高名な先生に読んでもらっているなんて、 想像もしない。僕は恐縮して、うまく言葉が返せなかった。「僕が一番もどかしいのは、コロナワクチンを打って血栓ができるということ、あんなの当たり前なのに、学者は誰もそれを言わないコロナワクチンは筋注です。筋肉から毛細血管に入り、そして血中にまわる。ワクチンの成分が血管内皮細胞に取り込まれる。もし、この人の体にすでにコロナに対する抗体があれば、血管内皮を攻撃して傷ができる。 こんなの当たり前です。従来のタンパク型ワクチンなら打ったところにマクロファージが来て抗原提示して、といった反応が起こるところ、すでに細胞性免疫の成立している人が打てば、攻撃にかかる。 だからひどい副反応が出る。当然皮膚に現れるけど、それだけではありません。血管そのものを攻撃するから、血栓もできる。 当然のメカニズムなんです。でも、テレビのなかの学者はそれを言わない。学者が「なぜ起こるかわからない」って言うんだけど、その発言の意味がわからない。 本当にわかっていないのなら、もう学者じゃなくて素人でしょ。 だから、コロナワクチンの接種希望者に対して国がやるべきこ とは、まず最低限、抗体検査。その人がコロナに罹患したことがない確認が要る。あるいはCTL検査。これは日本ではできないけど。 もっとも、抗体はすぐに消える。軽い感染では抗体も残っていない。こういう人に1回、2回ワクチンを打つと、大変なことになる。まったく感染したことのない人ならともかく、すでに感 染歴のある人ならやばいと思う。   あと、「ワクチンの接種によってコロナ検査の陽性者が頻発している」っていうのをさも異常事態のように言っているけど、これも理屈通りのこと。 腸管にウイルスがいる人もいる。ワクチンによってサイトカインやIL4が誘導されて、マクロファージが活性化して、ACE2受容体が発現する。すでにそういう論文が出て いる。腸管にウイルスがいる人がワクチン接種を契機にマクロファージが全身にまわる。こんなの当然です。 みんなボケてるのか頭が悪いのか、わからない。あと、やばいなって思うのは、コロナワクチンが変異株に対して感染防御効果がないだけならまだしも、逆に感染しやすくなる可能性。これ、本当にやばいと思う。冬に全然違う変異株が出たとき、ワクチンを打った人だけが重症化しやすい、っていう可能性は十分ある。だから、僕は言ってるんです。「コロナを今止めたいかも しれないが、医療者への接種は全員ではなく、せめて3分の1にしてくれ」と。 コロナワクチンを打った医療者全員が変異株によって重症化したら、日本の医療はパニックになる。 10%の確率で墜落する飛行機があるとして、そこに医者全員を乗せるようなものです。墜落は、即、医療の崩壊を意味します。こんなリスクのある施策を、行政がとってはいけない。 僕は自民党の議員にこの点を指摘して、何とかしてくれるよう言いました。しかしどの議員も及び腰です。 どうせワクチンの作用発現なんて、ゆっくりだから大丈夫っていう先生がいる。でもそれって詐欺でしょ。コロナウイルスは何度もかかる。同じウイルスに何度もかかる。なのに今全員にワ クチン打ってどうするのかって思う。でも〇教授は「細胞性免疫を誘導してるから大丈夫」っていう。 いや、怖いよ。ワクチン接種によって、普通に感染する以上に強い免疫誘導をすることについて、恐怖感がなさすぎる。自分の 血管内皮を攻撃しちゃうかもしれないんだよ。 起こるに決まっているし、実際起こっています。 そもそもコロナは、欧米に比べて、日本では大して流行ってない。仮に2千万人に打っても、集団免疫にもならない。 マスクを外したいから、ってわざわざ打っても、感染防御効果は7割ほど。3割は感染するわけ。 結論、弱毒化するまで待つしかない。どうせ多くの日本人はかからない。だから僕は言ってるんです。あと1,2年は待とうって。 どうせ弱毒化します。変異するにつれて弱毒化する。 変異して感染力が高まる可能性はある。でも、弱毒化するからどうってことはない。 打ちたい人は打てばいい。でも打つ打たないは、こういう情報を知ったうえで判断すべきでしょ。医者で立場上打たないといけない人もいるだろう。でもリスクは十分承知しておくべき。打 つと、次の冬には診療できなくなる可能性がある、と。…

2021年04月06日

足関節捻挫の意外な後遺症

今回は足関節捻挫の意外な後遺症について書いていこうと思います。         過去にスポーツをしていて捻挫した方、生活の中で捻挫してしまった方、気が付かないうちにいつの間にか捻挫してしまっていた方。 足関節には多数の靭帯が存在しますが、その中でも前距腓靭帯、通称『捻挫の靭帯』と呼ばれる靭帯に損傷が好発します。   当院では、検査時に足関節に問題が無いかを確認します。 気が付かないうちにいつの間にか捻挫してしまっていた方と書きましたが、これが本当に多いです。 過去にさかのぼってよく思い出してみると、小さい頃に木の上から落ちて捻挫したなど、昔々に怪我した物などが今だに治っていないという場合も実は有るんです。 靭帯損傷においては、疼痛の有無と靭帯の完全治癒はイコールにならないのです。     人間は二足歩行ですので、土台となる足関節などに問題があるとバランスが崩れてしまい、どんなに良い治療を施したとしても捻挫が原因となって数歩歩いたとたんに崩れてしまい症状が出てきてしまいます。 ですので、今まで多くの治療院や病院など行ってもその場は良いけど、症状が直にぶり返してしますという人も多いのではないでしょうか。   以前、ある大きな病院の先生が来院されて頭痛がとれないとおっしゃっていまいた 。 痛み止めを患者さんには処方するが、自分では飲みたくないとの事。 足関節に捻挫が見つかり、痛みは無く捻挫した覚えもないとの事でしたが、サポーターをして数歩歩いたとたんに長年悩んでいた頭痛が一瞬にして消えてしましました。   この様に何度も繰り返し言いますが捻挫の疼痛の有無と靭帯の完全治癒はイコールになりません。 もしかしたらあなたの悩んでいるその症状は過去の捻挫によるかもしれませんね。             当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。 当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。 専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。 貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか? 当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。 肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。 ■ファミリーカイロプラクティック院 所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F ※JR宇都宮線 大宮駅より7分 最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分 東口を左に出て、旧122号線沿い 電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。 e-mail   : info @f-chiro.com 営業時間 …

2021年04月06日

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛と座骨神経痛でお悩みの50代女性

  昨日、腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛と座骨神経痛でお悩みの50代女性がこられました。 一か月前から腰痛と左大腿後面から下腿までの痛みが有るとの事です。余りの痛さの為お仕事は退職されたそうです。 今まで多くの接骨院、鍼、マッサージ、整形外科に通われたそうですが、中々よくならず、当院に通われていたある患者さんの紹介で来院されました。   初診という事もあり、レントゲンはまだ撮影していない為、サーモラボ検査、整形外科的検査、カイロプラクティック検査をして手技やアクセスランダム波によるアプローチ、COXテクニック、トムソンテクニックを行いました。 施術終了後、患者さんは痛みが消失し普通に歩行が出来る様になり大変喜ばれました。もっと早く紹介を受けていれば仕事を辞めなくてもよかったと仰っていらっしゃいました。 仕事を退職してしまった為保険書をお持ちで無く来週には保険書が発行して頂けるという事で来週以降レントゲンを撮影を行いに提携病院に伺う予定となりました。 腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症にはCOXテクニックが非常に効果的です。   COXテクニックとは???       ジェームス・コックス (James M. Cox) は腰椎椎間板のフレクション(屈曲)、ディコンプレッション(減圧)により椎間板ヘルニアを治療する特別な牽引器具、コックステーブルを開発しました。 テーブルは脊椎関節の正常な生理学的可動域を生む為に設計され、ソフトで軽い矯正で体の本来の動きを取り戻します。 炎症を起こした神経根を牽引することで炎症を起こしているか圧縮された脊髄神経の圧迫を減圧していきます。 COXテクニック用の専用ベットは国内に100台ほどしか無くCOXテーブルはこの10年位1台も新品が売れていないとのお話です。             当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。 当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。 専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。 貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか? 当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。 肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。 ■ファミリーカイロプラクティック院 所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F ※JR宇都宮線 大宮駅より7分 最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分 東口を左に出て、旧122号線沿い 電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。 e-mail   : info @f-chiro.com 営業時間  : 月曜~土曜 午前:…

2021年04月02日

本日は空き時間にトムソンテクニックの練習しています!

        落と感覚をつかむための練習です。 安全で正しい角度に動かせるように、出来るだけ力を与えず最小の力でスラストすることを意識しています。     トムソンテクニックとは、アメリカ製で、 テーブルクレイ・トンプソン(J. Clay Thompson) によって造られた、脊椎の分節を素早くスラストして動かすドロップ(降下装置)機能がついたテーブルをつかったテクニックです。 骨盤の変位をパターン化し、下肢長差との関連を付け、メジャー・サブラクセイションが頸椎にあるかどうかを、左右の下肢長差の変動によって判定する検査法を取り入れています。 この頭・胸・腹・下肢と4ケ所に分かれたドロップ機能付きベッドを使い患者を寝かせたまま素早く、最小の力でスラストが行え、短下肢、触診、レントゲン検査をもとに治療を多く行います。       当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。 当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。 専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。 貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか? 当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。 肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。 ■ファミリーカイロプラクティック院 所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F ※JR宇都宮線 大宮駅より7分 最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分 東口を左に出て、旧122号線沿い 電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。 e-mail   : info @f-chiro.com 営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00 : 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00 休診日    : 第1第3日曜・祝日…

2021年03月31日

頚椎後縦靭帯骨化症+四十肩・五十肩により、左腕が痛み&脱力により動かせなかった患者さん。

  引用:愛知医科大学病院HPより(https://www.aichi-med-u.ac.jp/hospital/pages/sekitsui05.html)     長年、難病指定になっている頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)でお悩みの患者さん。 四十肩・五十肩も併発しており、痛みと脱力により肘から上へ腕を上げる事が出来ず、洗濯物を干したりたたむことも困難でした。   当院では、頚部に対するアプローチとしてアトラスオーソゴナルカイロプラクティックによる施術と溶媒和電子を患部へ流すことを。 肩へは、肩周辺の筋肉の緊張をとるための手技と可動域拡大のための運動療法を行いました。   初回来院時は、着替えや上着を着るのですら一人では難しい状態でしたが、2回・3回と来院されるにつれ腕の可動範囲が広がり、動きも軽快になられました。 3回目の施術後の帰宅時には違和感なくハンドル操作も行えるようになったそうで、4回目には見違えるようでした。   主な症状の訴えは脱力と痛みだったのですが、脱力は頚椎後縦靭帯骨化症。痛みは四十肩・五十肩。が、それぞれ原因だと考え施術を行いましたが、四十肩・五十肩は頚椎の状態も関係が深く、当院の頸の施術を行うだけでも大きく変わります。 今回は、頚椎の施術が頚椎後縦靭帯骨化症・四十肩・五十肩どちらにも効果が出たことで早期回復につながったのかな、と思います。   現在は再発の無いように定期通院していただいています。     当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。 当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。 専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。 貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか? 当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。 肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。 ■ファミリーカイロプラクティック院 所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F ※JR宇都宮線 大宮駅より7分 最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分 東口を左に出て、旧122号線沿い 電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。 e-mail   : info @f-chiro.com 営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00 : 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00 休診日   …