ビタミンCがコロナから救う???

91543015_2826769994084181_2675562190714437632_n

こんな記事が出ていました。(こてつ名誉院長のブログ参照)

ビタミンCはCOVID-19から武漢の家族を救う

Richard Cheng、M.D.、Ph.D

Orthomolecular Medicine News Service, Mar 5, 2020 (2020年3月5日OMNS)

 

N氏は中国の武漢に住んでいます。彼女は慢性疾患を持つ71歳の母親を含む家族全員の健康に特別な注意を払っています。N女史は常に栄養に興味があり、最近ビタミンCの抗ウイルス効果について学びました。

 

私は現在上海に在住のアメリカ人医師です。彼女が中国のソーシャルメディアWeChatに投稿したストーリーを受け取った後、N氏に電話でインタビューしました。私はN氏と連絡を取り話を検証するために努力し

ました、そして以下は彼女が私に言ったことです。

 

 

NさんはCOVID-19の大流行の震源地で彼女の子供と一緒に住んでいます。家族は彼女の両親と兄弟と兄の妻の6人です。彼女の母親は、逆流性食道炎を含む他のいくつかの慢性疾患に加えて、ステントが配置され

 

た糖尿病と心臓病を患っています。

 

中国の旧正月の直前、1月21日頃、彼女の母親はインフルエンザのような症状を示し、38度の微熱がありました。彼女の知識に基づき、Nさんは家族全員に経口ビタミンCを摂取するようにアドバイスしました。

 

彼女自身も1日約20,000 mgを分割投与しています。彼女の母親はしぶしぶ少ない用量を服用しました、おそらく彼女の娘が服用しているものの半分以下です。

 

彼女の母親の状態は9-10日間安定していた。しかし、1月30日、母親は武漢だけでなく中国全土で著名な病院である中国中部理工大学同済医学部の武漢ユニオン病院に行くことにしました。

 

彼女は武漢肺炎ウイルスに感染しているかどうか調べたかったのです。彼女は推測は当たりました。病院で彼女はCovid-19肺炎と診断されました。入院の2日目、彼女の熱は39.6Cになりました。

 

2月10日から約10日間、集中治療室に入室し、自分の命を救う最後の試みとして人工心肺を使用しました。

 

この時点で、N氏はビタミンCの輸液(IVC;静脈内ビタミンC)による臨床試験について学びました。すぐに彼女はICUの担当医に母親に大量IVCを使用するように依頼しました。主治医は同意しましたが、約

 

10,000 mgまでしか投与してくれませんでしたが、IVCを行ってくれました。 ICUで20日間過ごした後、彼女の母親は回復し、数日前に通常の病棟に転棟しました。N女史が主張したようにIVC治療を毎日継続し

 

ました。

入院中、彼女の兄弟と義理の姉妹Nは交代で彼女の母親を訪問し世話をしました。彼らは手袋とマスクという非常にシンプルな防護服を着ていました。また、彼女の母親は家で病気になりましたが、他の5人の家

 

族は数日間マスクを着用していませんでした。しかし、それらのすべては経口ビタミンC錠を継続していたため、誰もCOVID-19感染を発症しませんでした。
これはNさんの話です。

 

膨大な量の研究、臨床研究、症例報告、およびウイルス感染におけるビタミンCの使用に関する私自身の数十年の経験で、私は以下のストーリーを要約します。

 

1.毎日高用量のビタミンC錠剤が、家族が感染に至らなかった理由かもしれません。

 

2.母親の年齢、慢性疾患の病歴、および高齢者におけるCOVID-19の高い死亡率を考慮すると、IVCは母親の改善に大きな役割を果たした可能性があります。

 

3.主治医がIVCを使用するように勇気づけられたため、公式のIVC臨床試験のニュースは間違いなくこの事例にプラスの影響を与えました。

 

4.ウイルス感染を防ぐには、免疫システムが適切に機能していることが最も重要です。また、ビタミンCは、COVID-19ウイルスに対する防御をサポートする可能性があります。最も重要なのは、免疫力が低下し

 

ている慢性疾患の患者の場合です。

 

(OMNS編集長のAndrew W. Saulからのメモ:Richard Cheng博士はまだ中国にいます。彼は、最も深刻な病気のCOVID-19に静脈内ビタミンCを提供することを促進するために、専門家の中国の医師や病院と時間外勤務を続けています)

 

 

 

 

 

当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。

当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。
専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。

貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか?

当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU

LINE@始めました!ブログには載せていない情報や休業日などの情報をお伝えしていきます。
https://line.me/R/ti/p/%40avc2560f\\\\\\\”>\\\\\\\"友だち追加\\\\\\\"https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png\\\\\\\”>