水分不足が身体に与える影響

 

ee434db3c94417ccef8772be5afa2cb537eaf5d8

 

 

6月も後半に入り、もうじき夏本番ですね。

ムシムシとした暑さで、じっとりと汗をかく日も日増しに増えているような気がします。

 

 

以前から【水分不足と腰痛の関係】については、何度かブログでご紹介させていただきました。

 

腰痛の原因と言われている、腰の奥の方にある筋肉で【大腰筋】という筋肉があります。

この筋肉は、水分が不足してしまうと弱化を起こし、張りやすくなったり腰痛を引き起こすのです。

 

その為、同じような動作をした時でも水分不足の状態で行う方が、腰へのストレスは多くかかり、腰痛やヘルニアなどになるリスクが増加します。

 

 

それに加えて、新たな情報を手に入れましたのでご紹介したいと思います。

 

それは、【水分不足によって運動のパフォーマンスが低下する】というものです。

 

特に、筋力・持久力に影響を及ぼすそうです。

 

ある研究ではどのぐらい数値が下がったかと言うと

・持久力は8.3%の低下

・筋力は5.5%の低下

・パワーは5.8%の低下

したそうです。

 

『脱水』というとおおげさに聞こえるかもしれませんが、ここで言う脱水とは体重の1%以上の発汗なのです。

(運動前後の体重減少はほぼ水分です)

 

 

この脱水を防ぐには

 

・練習、試合前までに尿が透明or薄黄色になるまでしっかりと水分補給

・練習前後の体重減少を1%以内に抑える

 

を目安とすることを推奨されています。

 

漠然と健康の為、と言われてもイメージが湧きにくいかもしれませんが、上記のような腰痛予防やパフォーマンスが低下してしまう。

と言われると、水分補給の大切さが伝わりやすいかなと思います。

 

水分補給の目安として

 

体重×40 が一日に必要な水分量だとよく言われています。

(例:50(kg)×40=2000ml(2ℓ))

 

また、人間の一日の水分蒸発量の目安が

 

尿:1ℓ~1.5ℓ

汗:500ml~

呼気吸気:300ml~

 

と言われています。

 

体温・気温・運動量で変化はしますが、上記の数値を基本として水分摂取の参考にしてみて下さい。

 

必要な水分摂取量new

 

 

 

当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。

当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。
専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。

貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか?

当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。

肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU

LINE@始めました!ブログには載せていない情報や休業日などの情報をお伝えしていきます。
https://line.me/R/ti/p/%40avc2560f\\\\\\\”>\\\\\\\"友だち追加\\\\\\\"https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png\\\\\\\”>