医学的・スポーツ科学的に人体に有用な水素

IMG_20170111_100240

 

 
以前、当院で水素ガスを吸入された方の症例を紹介しましたが、新たな情報です。
【男性 70歳 パーキンソン患者】
水素ガス発生器を利用し、自宅のお風呂を水素風呂に出来る機械を導入。
水素ガス吸入・水素風呂入浴を始めてからは薬を飲み忘れても身体が楽になったそうです。
2010年1月から2011年3月にかけて、順天堂大学医学部の研究チームが行った臨床試験でも水素水を飲んだパーキンソン患者のうち9人中6人にスコア改善がみられたそうで、

医学的にも水素がパーキンソン病に効果的だと実証されています。

 

~臨床試験の概要~
対象患者数:18人
試験期間:48週間
試験方法:9人に水素水、9人に純水を飲んでもらう
水素水の飲み方:1.6ppmを1日1リットル飲用

 

 
【埼玉栄高校 空手道部 Tさん】
前日、部活にて階段ダッシュを3時間ほど行ったため、全身が激しい筋肉痛とのことでした。
水素ガスを30分ほど吸入すると、吸入前の筋肉痛を10としたら吸入後は2くらいになったそうです。
筋肉痛の主な原因は乳酸が原因だという説もありますが、最近では損傷した筋繊維やその周辺組織が回復過程で炎症を起こし、

その際に発生する「痛み物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)」が筋膜を刺激するためと考えられています。
破損された筋繊維が、回復の過程で炎症を起こして発生する痛みが筋肉痛です。水素はこの症状を軽減しさらに運動時に飲用することで活性酸素から筋肉を保護して筋肉痛を少なくする効果があります。

また、運動を行う前に水素を摂取すると乳酸の上昇が抑えられ筋肉疲労が溜まりにくくなるという結果が筑波大学の臨床により分かりました。

 

~臨床概要~

対象者数:10人

試験期間:3ヶ月

試験方法:練習前日の夜・寝起き・練習直前に、それぞれ水素水500mlを飲んでもらう

水素水の飲み方:0.8ppmを500mlずつ3回

 

 

以上のことから、医学的・スポーツ科学的に水素は人体に有効だと言えます。

 

健康になりたい方だけでなく、部活動やスポーツをしている方にも有効です。

是非とも当院にて体験してください!

 

 

 

頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・すべり症・ヘルニア・坐骨神経痛・痛み・シビレ・
膝、股関節痛・テニス肘・野球肘・交通事故・むち打ち・四十肩・五十肩・冷え性・生理痛・婦人病にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU