ブログ

$logo_alt
2011年03月09日

コレステロール、中性脂肪について

Q12. コレステロールが高いのですが、 卵1日1個は多いのですか? A12. 年齢や体の大きさにもよりますので一 概には言えませんが、他にコレステロー ルやその原料の供給が多くなければ、 必ずしも1日1個は多くはありません。 肉も魚もあまり食べない、卵だけだっ たら1個でも多くはありません。他の 食品から、コレステロールやその原料 が十分に入ってきているならば、1個 でも多いでしょう。 Q13. コレステロールが高いのですが、HDLコレス テロールが高ければ問題はありませんか? A13. コレステロールのうちのLDLコレステロールと HDLコレステロールが相補うように働きます 。また、全体が多くてもHDLコレステロールが 高ければ、LDLコレステロールはさほど高くな いことになります。動脈硬化への作用を考え れば、全体が高くてもHDLが高ければ問題は 少ないと考えましょう。 Q14. 中性脂肪とコレステロールは どう違うのですか? A14. 油としての形自体が全然違うのですが、 一般の方に理解していただきたいことは 、原料の違いです。コレステロールの原料は 、動物性の脂です。中性脂肪は、何でもエネ ルギーが余れば、原料になります。中性脂肪 もコレステロールもどちらも一般的に言って 食べ過ぎれば、上がります。食事と運動の バランスをとればどちらも下がります。 Q15. コレステロールが下がりすぎると ガンになるのか? A15. これについては、まだはっきりとした結論が 出ていません。コレステロールの低い人から 、高い人からよりも、将来ガンになった人が 多く出ているというデータは、たくさんありま す。ただ、これには、コレステロールが下が りすぎるとガンになるというのではなく、ガン があるとコレステロールは下がるというこ とではないかという反論があります。ガンは 増殖する疾患ですから、コレステロールが 栄養源として使われるわけです。小さい ガンができた場合、ガンが見つかる前から コレステロールは下がるだろうということです 。 コレステロールが低い人からのガンの 発生が多いというデータには、このような 影響がどこまであるのかが判りません。…

$logo_alt
2011年03月09日

コレステロール、中性脂肪について

Q8. 中性脂肪は、どうしたら下がるのでしょうか? A8. 中性脂肪というのは、コレステロール以上に、 総エネルギーの影響が大きいです。中性脂 肪は、皮下脂肪や内臓脂肪に貯めていくた めの脂質ですから、なんでもカロリーが余れ ば、食べ過ぎがあれば、中性脂肪に変えて 体に貯めていきます。従って、食べ過ぎずに ちゃんと動けばすぐ下がります。具体的には 、まず、アルコールや甘味飲料、間食や夜食 といった過剰摂取につながりやすい部分を減 らすことです。また、寝ている間に余ったエネ ルギーから合成されるわけですから、3食の うち、夕食のエネルギーを減らして、その分 朝昼に回すといった食習慣の変更も有効な 手段です。 Q9. 閉経後コレステロールが上がったのですけど 、どうすればいいですか? A9. 閉経後、コレステロールが上がる方は多いです 。女性ホルモンは、原料がコレステロールです。 従って、閉経後はコレステロールの必要量が減 ります。必要量が減ったのに同じ量を作っていれ ば、余っていくということです。閉経後は、必要量 が減っていることを踏まえて、原料の供給、つま り食べる量を変えない限りは、必ず上がります。 健康科学センターの成績からも、食べ方を変え ないと平均20mg/dl位上がることが判っています 。コレステロールが高すぎれば動脈硬化になり ますから、閉経後は今までよりもコレステロール の原料となるものを少なく食べるよう意識してください。 Q10. 市販されている体にいい油、高脂血症に なりにくい脂(健康エコナ?)について A10. 高脂血症になりにくいということについては、 きちんとしたデータがあります。吸収効率が 油の形によって違うのですけれども、吸収 効率が比較的悪い油は、体にどんどん入 ってきませんので、他の油を摂取するより も摂取エネルギーが少ない、従って高脂 血症になりにくいのです。ただし、なりにく い油でも、摂取エネルギーはありますので 、いくら摂っても大丈夫というわけではあり ません。高脂血症になりにくい油でも、摂る よりは摂らない方が高脂血症になりにくいの は当然です。体にいい油という概念が一般 的になっていますが、高脂血症になりにくい という意味で使われていることが多いようです。   Q11. 食事も運動も注意しているのにコレス テロールが下がらない…

$logo_alt
2011年03月09日

コレステロール、中性脂肪について

Q4. 服薬の必要はないが、数値が高い場合、 どういったことに注意すればよいか? A4. コレステロールの原料を摂り過ぎない、つまり 動物性脂肪などを食べ過ぎないようにすること 、あるいはコレステロールのもとになる食べた 物を活動エネルギーとして使ってしまう、コレス テロールをもとにした体内でのホルモンなどの 製品をよく使う、つまり体をよく動かすということ です。トータルのエネルギーとして、食べる量と 使う量のバランスを取るということです。動いて 使えるエネルギーには限りがありますから、 食べ過ぎないことが何より大事です。摂取する エネルギーの中でも、コレステロールの原料に なるのは、動物性の脂ですから、それが食事の 中の割合として多くならないようにするのが 次に必要なことです。いろいろ注意している のに高くなる場合は、食事や身体活動の 詳しい状況を栄養士、保健師に相談して 具体的な提案をもらってください。 Q5. チーズを食べるようにしたら、 コレステロールが上がった A5. チーズの原料は牛乳です。乳脂肪というのも 動物性の脂肪ですから、コレステロールの 原料にはなります。従って、今までと食生活 が同じで、さらにチーズを加えれば、その分 だけ摂取エネルギーが増え、しかも動物性 の脂の摂取が増えるから、コレステロール 値は上がります。他の動物性食品に替えて チーズを摂れば、コレステロール値は上 がらないと思われますし、カルシウムを 補うことも出来ます。 Q6. コレステロールを下げる薬は 一生飲まなければ、いけないのですか? A6. コレステロールの治療薬や中性脂肪の治療薬は、 肝臓でコレステロールなどを作る製造ラインを一時 休ませるというお薬です。従って、薬を止めれば、 製造ラインは再び動きますから、コレステロール 値は元のように高くなってしまいます。食事療法 なり運動療法なりで下がらない限りは、薬を飲み 続けざるを得ないということになります。通常は、 薬を一度飲み始めたら、1年、2年といった期間、 じっくり食事療法なり運動療法なりを並行して 行なって、その結果として薬を止められるか どうか、主治医の下で慎重に経過を見て 決めていくということになります。 Q7. 同じ食事なのに妻だけコレステロールが 上がるのはなぜか A7.…

$logo_alt
2011年03月09日

コレステロール、中性脂肪について

コレステロール、中性脂肪について Q1. HDLコレステロールが高いのは問題があるのか A1. HDLコレステロールというのは、元々組織で余っている コレステロールを肝臓に運んで処理をするための粒子 がHDL(高比重リポタンパク)ですから、動脈硬化には 予防的に働きます。このため善玉と呼ばれているコレ ステロールで、多い方が動脈硬化になりにくいという のが原則的な考え方です。しかし、非常に高い人に ついては、問題があるのではないかという結果が、 日本の一つの地域で追跡研究の成果として出され ました。そのために高すぎるのも悪いのではないか ということが話題になってきています。しかしそれ 以降の日本や諸外国の研究成績では、HDLコレス テロールが高いことが悪いとする結果は出ていま せん。HDLコレステロールが高いのが日本で悪い のかどうかを、共同研究で今、はっきりさせようと しているところです。 Q2. HDLコレステロールを上げるにはどうすればいいのか A2. HDLコレステロールがどういった人に低いか、そして どうすれば上がるのかということについては、いくつ かの研究結果が出ています。一番大きく影響があ ると考えられているのは、喫煙です。喫煙をするこ とでHDLコレステロールが低くなることが判ってい ます。従って、喫煙をしている人は、喫煙をやめる ことがHDLコレステロールを上げるために最も効果 的なものということになります。では、タバコを吸わ ない人はどうかということについて考えていくと、 HDLコレステロールに影響があるもので、他に判 っている事実は、肥満していると低くなる、運動が 少ないと低くなるということ、それから肥満を解消 すれば上がる、運動量を増やすと上がるというこ とです。タバコは吸わないけれども、HDLコレステ ロールがまだ低いという方については、肥満を解 消する、運動量を増やすということが効果がある と考えられています。なお、アルコール(飲酒)の 影響については、少量の飲酒でHDLコレステロー ルが上がることがわかっています。肝臓の障害や 肥満につながらない少量であれば、タバコと違っ て禁酒しない方がいいということになります。ただ 、お酒を飲めない人が無理に飲むことはやめて ください。 Q3. 善玉コレステロールと悪玉について A3. コレステロールには、もともと善玉、悪玉があるわけ ではありません。コレステロールは、食べたものの脂 から肝臓で作られますが、作るのは体に必要だから で、いろいろなホルモンの原料として作られます。も ともと善悪があるわけではありません。それを血管を 通して全身の組織に運んでいくわけですけれども、そ のための乗り物が必要です。コレステロールは脂で…

$logo_alt
2011年03月09日

■ コレステロール、中性脂肪について

Q29. 血中中性脂肪値と体脂肪の関連性。 血中脂肪値が多いが、体脂肪が標準 だったり、血中中性脂肪が少ないが、 体脂肪が多い場合。 A29. 中性脂肪は余ったエネルギーを脂肪として 貯めるために、運んでいく途中の血液中の 脂をみています。従って、中性脂肪値が高 い状態が継続的に続いていれば、体脂肪は 、少しずつ高くなります。そして、中性脂肪 が低い状態が続いていれば、体脂肪は少 しずつ低くなります。この例にあるような、 中性脂肪が多いのに、体脂肪が標準の人 というのは、この時たまたま何日間か食べ 過ぎがあっただけか、或いは、まだ太り始 めの時期ということでしょう。中性脂肪が 少ないが、体脂肪が多い人は、最近は 頑張って摂取エネルギーを減らして、 少しずつ肥満の解消に向かっている状態 を示していると考えていいと思います。 Q30. 総コレステロ-ル値が低くなったのに 、アミラーゼ値が上がるのは、なぜか。 A30. 総コレステロール値を変動させる要因と アミラーゼ値を変動させる要因は、別々 です。従って、総コレステロール値が低く なり、アミラーゼ値が上がることも下が ることも変わらないこともあります。 Q31. 成長期の子どもの高コレステロールは、 どうすれば良いのですか。肥満などの 生活習慣には、特に問題が無い場合とします。 A31. 成長期の子どもでは、ホルモンの材料で あるコレステロールは、大量に必要になり ます。この結果、成長の著しい時には、 コレステロール値は一般に低くなります。 一方、成長期の直前には、コレステロール を溜め込むために、コレステロール値は高く なります。従いまして、一度の測定でコレス テロールが高い、低いということは、すぐ心 配することではないという場合がほとんどで す。値が極端に低い、或いは高いという場 合には、病気が隠れていることもありますの で、校医の先生を含めて医師に相談してください。