新型コロナウイルスにビタミンC・Dは効果がないのか?

 

ph-hc-ns-0011_01

 

 

 
3月10日に消費者庁より新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜する健康食品(サプリメント)、マイナスイオン発生器、空間除菌商品などに対し、緊急的に改善要請を行われました。

 

確かに、新型コロナウイルスの特性が明らかになっていない為、実際に何が有効なのか現状では不明です。

 

そんな中で、当院が気になったのはビタミンCやビタミンDについてです。

 

ビタミンCやビタミンDは薬でない為、コロナウイルスを治す・倒す、などという表現は出来ません。

しかし、過去の論文が証明しているように、身体の免疫力を高める効果はあります。

 
そのため、”有効でない≠効果がない”ではないと、当院では考えます。

 
当院では、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックと併用してオーソモレキュラー(分子栄養学)を実践しています。

今回は、一般社団法人 日本オーソモレキュラー医学会の情報(←別ページが開きます)に基づいた、ビタミンCなどの栄養素のお話をさせて頂きます。
以下情報は、一般社団法人 日本オーソモレキュラー医学会の情報に基づく対処法の一つであり治療法ではありません。
その点をご留意の上、各自自己責任のもとで新型コロナウイルス予防にお役立てください

 

 
以下、一般社団法人 日本オーソモレキュラー医学会HPより引用URL:https://isom-japan.org/article/article_page?uid=B732M1580278192

 

 

高用量のビタミンCを摂取するこによって新型肺炎の流行を遅らせ、さらには感染を防ぐとオーソモレキュラーの本部からの発表がありました。

オーソモレキュラーとは、栄養を補うことを通して健康を維持するための補完代替医療です。
栄養摂取基準で推奨される量より数倍多くビタミンやミネラルを摂取するメガビタミン療法です。

 

 

新型肺炎の予防・症状緩和にはビタミンC

高用量のビタミンCを摂取することによって新型肺炎の流行を遅らせ、さらには感染を防ぐことができます。

ビタミンCが持つ強力な抗ウイルス効果については、医療現場において数十年も前から活用されてきました。

 

こうした事実があるにもかかわらず、メディアにて「ビタミンCの抗ウイルス効果とりわけコロナウイルスに対する効果的なアプローチ」が取り上げられることは、残念ながらほぼないでしょう。

 

症状の緩和や発症の予防には、体の抗酸化力および免疫力を可能な限り高めておくことが大切です。
つまり、ウイルスから攻撃を受けた時、最も重要になるのは個々の体内環境の質なのです。重篤な疾患を患ってから治療するより、予防に力を注ぐ方が容易であることは明確です。

 

 

症状が出ているなら迷わず医療機関へ

深刻度の高い病気に罹患したら、深刻に治療を行わなければなりません。もちろん、これは今回の新型肺炎にも当てはまります。「この症状は肺炎かもしれない」と思ったなら、
医療機関での診察をためらっている場合ではありません。選択肢は一つ。まずは病院へ行ってください。すでに症状が出てしまった際には、薬と同時にビタミンCを併用することを推奨します。

 

 

サプリメントの摂取量目安

ー私は、ビタミンCによって完治もしくは大幅に症状が緩和されなかったインフルエンザをいまだかつて見たことがありませんー(Robert F. Cathcart, MD)

 

オーソモレキュラーニュースサービスならびに国際オーソモレキュラー医学会の医師たちは、今後起こりうるウイルス感染の予防や症状緩和のための栄養療法を推奨しています。

 

※以下の安価なサプリメントの摂取は、大人に対する推奨量です。子どもに対しては体重によって服用量を調整してください。

 

1.ビタミンC:3,000mg /日 (またはそれ以上。分けて服用すること。)
2.ビタミンD3:2,000IU /日 (1日5,000IUで開始、2週間後から2,000IUに減量。5,000IUは125μg、2,000IUは50μgに相当)
3.マグネシウム:400 mg /日(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム、マグネシウムキレート、または塩化マグネシウムとして)
4.亜鉛:20 mg/日
5.セレン:100 μg /日

 

 

ビタミンD、マグネシウム、亜鉛、セレンをビタミンCと同時に摂取することで、ウイルスに対する免疫機能を強化することが示されています。
ビタミンCのウイルス性疾患に対する予防および治療のベースとなる情報は、1940年代後半に報告された、ポリオウイルスに対する高濃度ビタミンC療法の成功例からきています。

この研究については知らない人も多く、聞いて驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

その後、数十年にわたり臨床的なエビデンスは蓄積され、1980年には『ウイルス性疾患に対するプロトコル』が出版されました。

 

 

 

お薦めサプリメント(サプリメント名をクリックすると別ページに飛びます。)

◆ビタミンC

1.Solaray, Timed-Release Vitamin C, 1,000 mg, 250 VegCaps

2.California Gold Nutrition, Gold C、ビタミンC、1,000 mg、ベジタリアンカプセル 240錠

3.Now Foods, C-1000、250粒

 

 

◆ビタミンD3

1.California Gold Nutrition, ビタミンD3、250 mcg(10,000 IU)

2.California Gold Nutrition, ビタミンD3、125 mcg(5,000 IU)

3.Now Foods, ビタミンD-3, 5,000 IU, ソフトジェル 240 粒

 

 

◆マグネシウム

1.Now Foods, マグネシウム&カルシウム、250錠

 

 

◆亜鉛

1.Now Foods, 亜鉛、50 mg、250粒

 

 

◆セレン

1.Now Foods, Selenium, 200 mcg, 180 Veg Capsules

 

 

TIME RELEASE(タイムリリースと)と記載のあるものは12時間かけて溶けていく(12時間体内にある)という事です。

 
ビタミンC・Dには、免疫力を高める効果があります。

 

 

ビタミンC 
ビタミンCはアスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。これが壊血病です。
壊血病のそのほかの症状としては、いらいらする、顔色が悪い、貧血、筋肉減少、心臓障害、呼吸困難などがあります。
また、毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスや風邪(コロナ)、インフルエンザ、などの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。

最近はビタミンCの抗酸化作用が注目され、風邪、インフルエンザはもちろんコロナ対策、がんや動脈硬化の予防や老化防止、促進、自律神経に係わる鉄の吸収促進にビタミンCが有効である。

 
ビタミンD3
『ビタミンD3が低い人が肺炎になるリスクは、高い人の10倍以上』とも報告されています。
ビタミンD3はおもに日光を浴びることで作られ、食事で十分に摂るのは難しい。まだ日光が弱いので、サプリでビタミンD3を補給して、あえて外に出ることで、被害を最短最小にできます」
また、大腸がん、糖尿病、花粉などのアレルギー全般、リウマチ、痴呆症などの改善や予防が期待出来ます。

 
ビタミンは薬ではありません。

飲めば新型コロナウイルスにかからない。治る。というものではありません。
しかし、元々体に備わっている免疫力を高める効果がある為、”効果なし”ではないと考えます。

 

 

併せて、当院で行っている頚の治療、アトラスオーソゴナルは脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。
また、ニューヨーク国立ガン研究所のDrドナルド・ペローによると「定期的にカイロプラクティックを受けている人は受けていない人と比べ、2倍の免疫力があった」とあります。

 

体自体の状態を整え、しっかりビタミンを摂取することで予防効果が倍増ですね。

 
治療院内自体にも、しっかりとコロナ対策は行っております。

 
天然の植物由来の殺菌・防カビ・消臭効果のある、フィトンチッド←別ページに飛びます)を散布しています。

安心してご来院ください。

 

 

 

 

 

当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。

当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。
専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。

貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか?

 

当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。

 

肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛・自律神経失調にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU

LINE@始めました!ブログには載せていない情報や休業日などの情報をお伝えしていきます。
https://line.me/R/ti/p/%40avc2560f\\\\\\\”>\\\\\\\"友だち追加\\\\\\\"https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png\\\\\\\”>