安全性の観点からも必要なレントゲン撮影 当院から配信しているレントゲン画像はセラピストの皆様、自由にお使いください❗

当院から配信しているレントゲン画像はセラピストの皆様、自由にお使いください
少しでも役に立てれば幸いです。
カイロプラクターだけでなく、セラピストは、安全確認の為にも医療機関と提携してレントゲン、MRI、CTを撮るべきです。
一度でも命に関わる事故が起きれば、治療院、接骨院は、潰れてしまいます。
たとえ賠償責任保険に入っていたとしても事故を受けた患者は不幸です。

レントゲン、MRI、CTを撮る事で事故が防げる事も有るのです。

 

以前より、当院では治療の際のレントゲン撮影の必要性を訴えてきました。

 

それは、当院で行っている頸の治療「アトラスオーソゴナル」が、専用のレントゲンを撮影し分析をし治療を行うから、という事も有りますが、

安全面の観点からも必要だからです。

治療家にとってこんなに怖いレントゲンが時々見られます。

ですからレントゲンを撮って分析を行っている治療院を選んで欲しいのです。

 

 

28E97BF0-E3E6-4ECB-BC3C-EE4D12F0C8A0894664A3-3401-4245-8E50-C171D26B52B8

 埋没鍼  鍼は肩にしかうっていないとの事でしたが、頭蓋まで動いてしまっている。

 

 

fig-2-heller-pre-op-closed-mouth-ray                 17E06B47-C127-453D-BEFD-07A4D0F8A78A

 

36B3AE5D-8AEC-4E35-886A-7644BCCDCA55               E9CACB4C-8FCC-4422-9CB4-D3BD65C6EA87

頚椎二番の歯突起骨折 下部頚椎には老化による変性が起きている。

 

C1BB0D09-55DE-4316-8F97-DA37FB063A83

頚椎6番棘突起(SP)の骨折

 

 

78a7d2e36c3d2466857fd20027b555fb

 

後小橋が見られます。上部頸椎への強い矯正は非常に危険です。

 

 

34EC2B43-3180-4504-AED6-B3676EFBEFA6

頚椎一番(環椎)が後頭骨に癒合してしまっている方です。この場合頚椎一番の矯正は難しいです。

 

 

 

 

335A150E-D696-4CBA-8284-CA5C174990973BFC9DB7-A7C3-4803-B4A1-50C594B25992

どちらの方も、頸の下の方(下部頚椎)がくっついてしまっている状態(骨結合)です。

この状態は加齢によって誰にでも起こる可能性が大きく年配の方に良く見受けられます。

このような頸の場合、触診では「硬い・動きがない」ということは解りますが、なぜ硬いのか?なぜ動かないのか?

まではわかりません。

そして、恐ろしいことにこの箇所への矯正を行う施術者も少なからずいます。

 

 

頸の2番目・3番目(C2・C3)の未分離化です。

 

22F53B4B-B8B5-464D-A9E5-B903FF9928D8

 

これは頻繁にあるものではないですが、実際に存在するものです。当院でも数名の方がいらっしゃいました。

 

この未分化している箇所も、触診のみでしたら「硬い・動かない」という情報のみしか得られないでしょう。

そして、もし、この個所に矯正を行うようなことがあれば・・・。

 

 

 

手術などの既往歴は必ず伝えましょう。

 

09

 

 

 

腰などを手術された経験がある方も患者さんとして来院されます。

当院では確認を徹底していますが、訊かないと言わない方や関係ないと思っている方が結構いらっしゃいます。

 

しかし、上記のようなボルト固定などは、触診や検査に大きく影響します。

レントゲンを撮影していれば気づけますが、そうでない場合はなかなか気づけません。

なかには頚椎の棘突起を全て切除してしまう手術を受け頚椎を金物で固定したが、手術前より痛くなったとおっしゃってどうすれば良いのだろうと当院に相談に来られて方もいらっしゃいます。

 

施術者・患者お互いの為にも、なるべく多くの情報の共有を行いましょう。

 

 

頸の神経は主に腕・手の動きを支配しています。

 

 

どの部位でも事故が起きたら大変です。

ですが、頚椎の事故は特に危険です。一瞬で、頸から下が動かなくなる危険性があります。

 

そのため、触診やその他検査も重要ですが、まずはレントゲン撮影をすることが一番の検査になるのではないでしょうか。必要に応じてMRIやCTの要請をすることも有ります。

3246517F-9BA9-4836-8EF4-EE45268CD3E1

腰椎椎間板ヘルニア

 

32882309-4941-408C-8107-24518B360E18

腰椎すべり症

 

 

レントゲン撮影となると、被ばく量の事を気にされる方もいらっしゃいます。

その件については当院が昨年書いたブログをお読みください。

 

はっきり言えることとして、レントゲンを撮る事での人体への悪影響よりも、撮影しないで治療を行う(受ける)リスクの方が

大きいという事です。

 

 

 

当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。

当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。
専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。

貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか?

当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。

 

 

頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・すべり症・ヘルニア・坐骨神経痛・痛み・シビレ・自律神経失調・うつ
膝、股関節痛・テニス肘・野球肘・交通事故・むち打ち・四十肩・五十肩・冷え性・生理痛・婦人病にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU

LINE@始めました!ブログには載せていない情報や休業日などの情報をお伝えしていきます。
https://line.me/R/ti/p/%40avc2560f\”>\"友だち追加\"https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png\”>