正しい寝正月にしないと、体は1年分衰えてしまうかも!?正しい寝正月のススメ!

IMG_20161227_101711

 

 

年末年始、「長期連休はゆっくり家で過ごしたい・・・。」と、思う方は多いと思います。

何を隠そう、私もその一人です笑

 

しかし、正しい寝正月をしないと2日で1年分の筋力が落ちてしまうそうです!

人間(成人以降)の筋肉は、ごく普通の日常生活だけで過ごした場合、平均的に1年間で1%ずつ衰えるという調査結果があるのですが、寝たきりを続けると、たった2日でそれと同じ1%の筋肉が衰えてしまうのだそうです。

 

正しい寝正月の過ごし方

 

【朝起きたら、一度太陽の光を浴びるようにする】
人間は、朝、太陽の光を浴びてからおよそ14~16時間後に眠気が出現し、心地よい眠りに導かれていきます。そして、体内時計は太陽の光を浴びる時間で決まるのです。
そのため、二度寝をするとしても必ず普段と同じ時間に起き、太陽の光を浴びることで体内時計の狂いを防ぐ事ができます。

 

【昼寝は3時までにとどめ、電気をつけっぱなしにしておくことが大事】
午後3時以降の睡眠は、あなたの体内リズムが乱れる原因にもなり、昼夜逆転の生活を招いてしまう可能性もあります。
例として、普段、朝6時に起床している人は、深部体温がピークに向かいつつある午後3時以降は仮眠をとらないようにするとリズムは簡単に崩れません。

 

【寝る前は食べない、TVを見ない】
一般的に21時以降に深部体温が下がり副交感神経が優位になって眠りモードのスイッチが入りますが、ここで食べ物を食べてしまうとせっかく下がり始めた深部体温が上がってしまいます。
お正月は何かとダラダラ食べになってしまう機会が多いですが、就寝2時間前には食事は済ませ、TV・スマートフォンの画面は出来るだけ見ないようにしましょう。

 

生活リズムを戻す】
(1)就寝(2)起床(3)食事(4)排便という生理的なことを同じ時間にするということが大事です。特に就寝時間と起床時間は厳守する事で、お正月明けの出勤も体に負担をかけずにこなせるでしょう。
重要な事は、寝正月をするとしても、ダラダラ寝は避け、就寝時間・起床時間を大きくずらさない事です。

 

 

長く寝ることは幸せな事ですが、以下のようなデータがあります。

 

米国のコロンビア大学とニューヨークにあるマドリード大学病院が合同で行った実験調査によると

・長く眠っているほうが問題で、7.5~8.5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6.5~7.5時間睡眠の 人よりも死亡率が20%もアップした。
・9時間以上眠った学生と8時間眠った学生とを学力で比較したところ、起床後の学力テストでは8時間 睡眠の時の方が成績が良かった。原因については、寝過ぎると逆に脳が疲れてしまうからだと推察しています。
・一日の睡眠時間が平均9時間以上の人たちは、睡眠時間が平均6~8時間の人たちと比較して脳の衰え が著しく、モニター実験期間の3年間で見えた「脳の老い」の差がとても大きかった。
・5年間で睡眠時間が8時間より多くなった人の7~8パーセントの人が、短期の言語記憶力以外、すべての認知テストにおいて点数が下がった。

 

 

体が疲れ切っている場合は、長く眠ることが有効だとされていますが、脳は不安定な状態となり逆効果となります。
浅い睡眠の時は、体は休んでいるものの、脳は深い休息状態でないため、血圧の変化が激しくなったり、心拍や呼吸が不規則になり、自律神経が不安定な状態になり、体内時計が乱れます。
この体内時計は、自律神経だけでなく、ホルモンにも非常に影響を与えます。
体内時計が乱れると、抗酸化作用のあるホルモン“メラトニン”の分泌が乱れ、細胞にダメージを与える活性酸素を除去する作用がおろそかになります。(活性酸素の除去には水素ガスが有効です)

 

 

ダラダラ寝は避け、年末年始でリフレッシュして下さい!

 

頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・すべり症・ヘルニア・坐骨神経痛・痛み・シビレ・
膝、股関節痛・テニス肘・野球肘・交通事故・むち打ち・四十肩・五十肩・冷え性・生理痛・婦人病にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU