当院採用の高濃度水素ガス吸入機と水素水飲用の水素摂取比較

当院採用の高濃度水素ガス吸入機と水素水飲用の水素摂取比較

条件1 水素水(水素濃度1.6ppm、容量500ml) ※水に溶ける水素の最大濃度が「1.6ppm」である。
条件2 HHOガス(水素ガス)吸入機(発生水素濃度666,666ppm、発生酸素濃度333,333ppm)

※HHOガスとは別名”ブラウンガス”とも呼ばれ、水素と酸素を2:1の割合で混合したガスで、水素を安全に運用できるガスです。
これより、比べやすいように500mlのペットボトルを例に説明します。

HHOガス500mlの水素の量は?
500ml×666,666ppm=333.333ml

水素水500mlに含まれる水素の量は?

500ml×1.6ppm=0.0008ml

当院で採用している高濃度水素ガスのHHOガス発生量は、150ml/minです。

その内分けとして、純水を分解する為、水素2:酸素1で発生します。(HHO)

100ml/150mlが水素ガスですので、1時間吸引すると6,000mlの水素吸引になります。

これより、水素水に換算すると水素水(水素濃度1.6ppm、容量500ml)を7500本飲んだことになります。
通常販売されている水素濃度0.8ppm・容量500mlの水素水に換算すると15000本分になります。

1時間に水素濃度670,000ppmの水素酸素吸入機(ブラウンガス吸入機)です。

以上の結果は、机上の計算ですので、実際には、水素が飽和状態の水素水を飲めるか、吸引時のロスもあり、数値が変わることをご理解ください。

 

 

H2-6

 

 

 

当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。
当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。
専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。
貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか?

 

当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。

 

頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・すべり症・ヘルニア・坐骨神経痛・痛み・シビレ・
膝、股関節痛・テニス肘・野球肘・交通事故・むち打ち・四十肩・五十肩・冷え性・生理痛・婦人病にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU