ブロックテクニックpart1

※お詫び!!※

本日のブログは一部内容が専門家向けになってしまいました。

難しいとは思いますが、ご了承下さい。

 

SO(ブロックテクニック)はオステオパシーの創始者であるDr.スティールと頭蓋骨調整法のDr.サザーランドにテクニックを教わったDr.デジャネットが1925年に創始しました。

そのため、考え方がカイロプラクティックというよりも、オステオパシーという手技に近く、後頭骨と骨盤(仙骨)に注目した施術です。
呼吸のメカニズムと脳脊髄液の流れ(第一次呼吸システム)を通じて体の調和を考え、骨盤にある仙骨と頭の後頭骨が順調に動作しなければ、この脳脊髄液の循環がスムースに行われず、身体に様々な問題を引き起こすと考えます。

 

SOは、頭から骨盤までのすべての骨を1本の線のように考えて、まっすぐにするように調整します。

施術は非常にソフトで、SOT独特のクサビ形のブロックを使い、ご自身の体重により骨盤のねじれを矯正しますので、

身体に余分な負担が無く安全ですから、乳幼児からご年配の方まで安心して施術を受けられます。

SOは機能から構造へアプローチすることもできるので、無理のない効果的な治療が可能です。

 

 

SOの特徴は、各インディケーター(身体に出るサイン)によって指示された部位のみを必要とされる最小限の力で矯正することです。

この必要とされる最小限の力とは、患者さんの身体が無意識に拒絶しない程度で、かつ矯正が達成される力です。

通常他の治療法では施術者の判断でどこを矯正するか決めますが、SOは患者さんの身体が今どこを治療してほしいか教えてくれるのでそれに従って治療するのです。

体は常にどこか一つだけ今一番治療して欲しいところをインディケーターで示します。そこを治療するとまた別のインディケーターが出てきて次から次へと治療を誘導してくれるのです。

治療家の主観や思い込み治療にはなりにくいですので、失敗がありません。

しかし、そのインディケーターを感じ取るのが難しく、使いこなす施術者が少ないので、使っている治療院は少ないです。
次に重要な特徴は、論理的で効率的なカテゴリーシステムによって診断と治療が行いやすくなっていることです。

カテゴリーは3つに分類されますが、矯正のためのサインと症候にそれぞれ特徴づけられていて、そのサインに従って使うテクニックが決定されます。

カテゴリーとは簡単に言うと「老化」のレベルの違いを指すものです。

基本的に人はカテゴリー1で産まれ成長とともにカテゴリー2、カテゴリー3へと退行していきます。

治療はカテゴリーを3から1へ逆行させていくのですが、カテゴリーとは慢性的な問題であって症状や痛みとはあまり関係ありません。

ですから、体調を整えたり症状を改善するだけであれば、必ずしもカテゴリーを変える必要はないのです。

ただ、より健康になりたいとか、よりポテンシャルの高い体にしたい場合は、痛みや症状が落ち着いた後にカテゴリ-を変えていく必要があります。

他のカイロプラクティックやオステオパシーでは、基本的にカテゴリーを変えるような治療がありませんので、言わばアンチ・エイジングを期待できると言うわけです。

 

※詳しくは明日以降の記事にて紹介します。

 

SO最大の特徴はCSF(脳脊髄液)の循環の改善です。

また、このCSFの循環の改善こそがSOの最大の目的でもあります。

これはオステオパシーの理論ですが、第1次呼吸メカニズム(第2次は肺呼吸)によって頭蓋から骨盤までCSFが循環しています。

このCSFが滞留したり生産が減少したりすると神経に栄養がいかなくなるので神経の働きが悪くなり、自然治癒力が機能しなくなります。

そのCSF循環の原動力となる、仙骨、後頭骨とそれをつなぐ脊骨の動きを改善させればよいという考えで、
これが仙骨後頭骨テクニックの、名前になった由来です。

 

322d763e-s

 

 

頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・すべり症・ヘルニア・坐骨神経痛・痛み・シビレ・
膝、股関節痛・テニス肘・野球肘・交通事故・むち打ち・四十肩・五十肩・冷え性・生理痛・婦人病にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU