ヘルニアの痺れや痛みは、精神的な問題が多い

腰痛の代名詞として有名な「ヘルニア」ですが、痛みの原因がヘルニアによる人はわずかです。

 

実際に手術して椎間板を完全に除去しても痛みが出てくる患者が非常に多い。又、症状の無い方のMRI検査をしてみると多くの割合でヘルニアを発見する。

 

この事から、「ヘルニア=痛む・痺れる」って事はありません。

 

昨日、当院の提携病院の整形外科医の院長と食事をしながら話をしたのですが、殆どのケースで精神的なものが症状を作っているとの見解をされていました。
しかし、中には本当に手術が必要で完全に麻痺を起こしたり、足の太さがまったく左右で違ってしまっている場合も稀にある。と話していました。
「ヘルニアが痛みの真犯人説」にはいろいろな矛盾があることを医師は知っていますが、その矛盾に正面から答えようとしません。矛盾は医学につきものの例外としてかたづけているようです。

権威ある医師の書いた医学書を唯一のバイブルとして、思考が停止しているかのようです。

 

手術してもよくならない患者さん、再発を繰り返す患者さんとじかに接することの多い理学療法士や看護師のなかには「何かおかしい」と感じている人も多いことでしょう。

”ヘルニアとは「飛び出す」”という意味であり、症状が無くても健常者の中にもかなりの”ヘルニア持ち”が存在します。

 

ヘルニアが圧迫している神経支配領域と痛みの場所が違うことや左右の違いがあることもある。
神経を圧迫すると痛みがでる?・・・これは患者さんは疑問に思わないかもしれないが、生理学を勉強したものにとっては疑問です。ギプスなどで神経が圧迫されると麻痺が生じます。
神経根が炎症を起こすと痛みがでる?・・・物理的な圧迫でなくて化学的な変化で説明を試みる人もいるが、たとえそうだとしても、なぜ痛みが生じるのか。
神経の走行に沿って圧痛があるといわれているがその理由は?

 

保存的治療で治ることが多い。圧迫を放置すると不可逆的変化が生じると考えるのが普通です。
手術で除去しても治らないことがある。
神経根ブロックや硬膜外ブロックが効かないことがある。

 

これらの疑問、矛盾に明快に答えたものをみたことがありません。

それなのにヘルニアを痛みの真犯人とするのは強引すぎます。激論を戦わせてもこの説は勝ち目がありません。

ヘルニアと痛みは無関係の場合が多いです。では、手術でよくなる人がいるのはどうしてでしょうか。全身麻酔で手術した場合、麻酔による脳のリセット、筋弛緩剤による筋肉の完全リセットの効果ではないでしょうか。

また、カイロプラクティックや整体でよくなる人がいるのと同じことで「痛みの原因を退治したという儀式」で脳が沈静化することもあるからでしょう。

いろいろなタイプのヘルニアがあるのではなくていろいろなタイプの脳があるといわざるをえません。痛みの真の原因は生理学的不具合なのですからどのような方法を用いても結果的にそれが収束する可能性はあります。
腰椎椎間板ヘルニア患者のなかでどの程度の患者が手術に至るか

要約:強い症状を呈するか病状が長期に及ぶ腰椎椎間板ヘルニア患者群において、手術に至るのは10~30%程度である。
椎間板ヘルニアに対して手術を受けた患者に関する各国の統計をみると、米国では10万人中45~90人、フィンランドでは35人、スウェーデンでは20人、英国では10人と報告されている。
以上、日本整形外科学会 「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」より抜粋
正常人における腰椎MRIの異常所見の頻度

その結果、98人中52%に少なくとも1椎間以上の椎間板膨隆が見られ、27%に椎間板突出が、1%に椎間板脱出が見られた。

無痛性胸部椎間板ヘルニア

以前の研究で、Wood医師らは無痛性椎間板ヘルニアが極めて一般的な所見であることを明らかにしている。平均年齢40歳の無症状の被験者60人のうち、37%に明らかな椎間板ヘルニア、53%に椎間板膨隆、58%に線維輸断裂を認めた。同様に症状を伴わない脊髄の変形も29%と驚くほど多くの被験者に認められた。
ヘルニアの鑑別診断は?

このような痛みやしびれを訴えている患者さんにMRIの検査をして椎間板ヘルニアがあれば、「椎間板ヘルニア」という診断になるのだが、ヘルニアがない場合の診断はどうなるのだろうか。

表1:腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン策定委員会提唱の診断基準

腰・下肢痛を有する(主に片側ないしは片側優位)

安静時にも症状を有する

SLRテストは70°以下陽性(ただし高齢者では絶対条件ではない) 30°以下では梨状筋の加緊張

MRlなど画像所見で椎間板の突出がみられ,脊柱管狭窄所見を合併していない症状と画像所見とが一致する。
「症状と画像所見とが一致する」この症状とは神経学的所見、つまり知覚麻痺や運動麻痺のことであろうが、神経原性の知覚麻痺や運動麻痺をみることはない。

症状=痛みやしびれ、とするならば、これらが画像所見と一致するという言い方は奇妙だ。他人の痛みやしびれが画像で分かるということか?

それはさておき「症状と画像所見とが一致しない」場合の診断はどうするのだろうか?

ヘルニアがなかったとき、画像所見と一致しない(?)場合の診断はどうするのだろうか?どのような診断の可能性があるのだろうか。鑑別診断はどのようなものがあるのだろうか。

「ヘルニアの痛みの犯人説」にはいろいろな矛盾だらけです。

 

 

当院の頚の治療はレントゲン分析を用いた科学的で世界一安全かつ正確な治療法の「アトラス オーソゴナル法」です。
当院では、この「アトラス オーソゴナル法」を忠実に行うため、整形外科病院と提携しアトラス オーソゴナル カイロプラクティック専用のレントゲン撮影を必ず行い、分析し施術します。
専用レントゲンを分析しないうちは推測でしかありません。当院では推測では治療を行いません。
貴方は、推測での治療を希望しますか?それとも確実な治療を希望しますか?

 

当院の行っている頚の治療は、脳のストレスを軽減し、また身体のバランスを整える事で身体全体の問題の回復に効果的だという研究結果があります。

 

頭痛・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・狭窄症・すべり症・ヘルニア・坐骨神経痛・痛み・シビレ・
膝、股関節痛・テニス肘・野球肘・交通事故・むち打ち・四十肩・五十肩・冷え性・生理痛・婦人病にお悩みの方お気軽にご連絡下さい。

 

■ファミリーカイロプラクティック院

所在地: 埼玉県蓮田市東3-1-25 恵比寿屋ビル1F
※JR宇都宮線 大宮駅より7分
最寄り駅  :JR宇都宮線 蓮田駅東口 徒歩2分
東口を左に出て、旧122号線沿い

電話番号 :0120-42-1818   腰痛イヤイヤ と憶えて下さい。
e-mail   : info @f-chiro.com
営業時間  : 月曜~土曜 午前: 8:30~12:00 午後:15:00~20:00
: 日曜     午前: 8:30~12:00 午後:15:00~18:00
休診日    : 第1第3日曜・祝日 毎週木曜日

※交通事故保険取り扱っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

HP ・Facebook・アメブロ・twitterはこちら

HP     : http://www.f-chiro.com/
Face Book:http://bit.ly/1S0yrkO
アメブロ:http://ameblo.jp/f-chiro/
twitter:https://twitter.com/D1nKNMBnBDC7pjU