カイロプラクティックとは? ③

カイロプラクティックと現代医療 の違いを田んぼに例えてみましょう。

苗は水源からの水によって生き生きと育っています。しかし用水路が土砂で塞がれ水の供給がなくなるとどうなるでしょう。田んぼの水は、干上がり、苗は枯れはじめます。現代医療の殆どが枯れ掛けた苗に水を運び、苗を生き返らせようとする事や植え替えたりする 対処療法 なのです。

それに対し、カイロプラクティックは用水路に詰まった土砂を取り除くことで、水が流れ出し苗を生き返らせるのです。 この流れ出した水こそが 人間が生まれながらにして平等に持っている自然治癒力なのです。

次に視点を変え、カイロプラクティックを 構造の観点から説明します。

地盤の悪いところに家を建てたり、地震や災害で土台が狂えば家は傾きます。

家が傾けば柱も床も傾き窓枠もねじれて、戸は開閉どころか全く動かなくなります。

 

この傾いた家を直そうと思えば 基礎 からやり直さなければ完全には直りません。

現在の医療は構造の観点からも単に床や窓枠などを直そうとする事が主流になっています。

膝がいたいといえば膝を、肩が痛いといえば肩を、シップや電気治療、注射あるいは投薬などの対処療法なのに対してカイロプラクティックは根本原因を取り除く療法なのです